にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y&Sの初めてのリアル海外留学〜in メルボルン〜

海外に行ったこともパスポートも持っていなかったYerryとShamyの初めての海外留学に行くまでの準備の様子や出国してからの滞在記録を綴ります。

merry Christmas & happy new year

街全体にクリスマスツリーが多く、ツリーを見つけたら写真を撮るYerry です!

 

f:id:YerryAndShamy:20161227170740j:image

お気に入りです(^O^)

 

学校は12/24〜1/2まで休みです。

最終日は隣のクラスと合同でバーベキューに行きました。

学校が多国籍なので、色々な人と交流できて楽しかったです。ただ会話が続かない…もっと話せたらもっともっと楽しかったのにと思いました。

 

 

1ヶ月間でホームステイが終わるので、今回は私が大好きなホームステイ先について詳しく書きます。

 

私のホストファミリーは老夫婦のケイトとデイビッドです。息子が2人いますが、2人とも独立しています。2人ともイケメンです(^-^)

家はとても広く2階建です。

私は2階に部屋を借りており、キングベッドに机にクローゼットと部屋は十分に広いです。

2階のトイレとお風呂は私専用になってます。

 

2人とも本当に優しくて親切です。

 

会話が成り立たない私にゆっくり話してくれて、わからない時は別の言葉に変えて私に理解させようといつもしてくれます。

テレビを見ていたら、一時停止をして詳しく教えてくれます。

 

ケイトの夜ご飯はとても美味しいです。

オーストラリアの食事はお肉ばっかりだという情報もありましたが、そんなことありません。

 

 f:id:YerryAndShamy:20161231083758j:image

パスタにリゾットにサラダに種類は豊富です!

 

この1ヶ月はまったく太りませんでした。

今後も太らないように気をつけます!

 

家族で行うクリスマスパーティーに連れて行ってくれ、プレゼントまでもらいました。

 f:id:YerryAndShamy:20161228083817j:image

 

この本に載っている所に後日連れて行ってもらいました。

 

 

感謝してもしきれないくらい素敵なホストファミリーです。

 

 

ホストファミリーはビジネスでやっているだけで、食事を準備して家にあまりいない人や、家にいても全く会話がないという人など様々な人がいますが、私はこの家に来れて本当によかったと思っています。

離れるのが寂しいです(>_<)

 

 

さて、Shamyのホストファミリーはどんな感じでしょうか。

 

 

はいは〜いShamyです!

(九州ローカルネタ【はいは〜い◯ッセーです!】風)

 

Shamyのホストファミリーは以前の記事で少し書いていた通り3人家族+わんこの家庭。

 

ホストファザーのロブ、マザーのエルヴィラ、シスターのドミちゃん。

そして愛犬バーニー♂

 

ドミちゃんは14歳で思春期真っ盛り!

そして超絶可愛い!!

 

私のファミリーもとてもフレンドリーです。

英語が全く理解できない、喋れない私にめげずに話しかけてくれますし色んなところへ連れていってくれます。

 

中でも印象的だったのがクリスマスカードの写真撮影に連れて行ってもらえたこと!

ロブはフォトグラファーでロブのお客様であるティナさんのお宅に同行させてもらったんですが、映画の世界でしか見たことがないような超豪邸でびっくり!

 

靴下の会社を経営されてるそうで、ティナさんの娘2人(超絶美少女)とドミちゃんがモデルをしていました。

 

 f:id:YerryAndShamy:20161231132705j:image

 

これと同時にクリスマスカードの撮影も一緒にしてて見てるだけで本当に楽しかった!

 

ついでに私の写真も撮ってもらったのですが、美少女3人を目の当たりにして凄く緊張してしまいました。

 

その他にも親戚や友人が集まるクリスマスパーティーにも3度程参加させてもらいました。

 

f:id:YerryAndShamy:20161231132101j:image

 

パーティーと言っても全てホームパーティですが、凄い人数が集まります。

それぞれにもちろんプレゼント交換もしていました。

 

私もお世話になっているのでクリスマスプレゼントを渡しましたが、私にもクリスマスプレゼントがありました!メッセージカード付き!

 

f:id:YerryAndShamy:20161231134619p:image

 

愛犬バーニーからとサンタさんから!

シャレが効いててとても素敵でした。

 

 

こんな素敵なファミリーと実はこれを書いている数時間前にお別れをしてきました。

 

ビールを呑みながら一緒に夕食を作ったり、夜は大好きな映画を一緒に観たり、時には歌ったり。最後にはファンタスティックビーストを劇場に観に行ったり、楽しい思い出ばかりでした。

私はお手伝いは積極的にしていましたがファミリーに甘えてばかりだったなと反省。

結局、最後の最後まで上手く喋れませんでしたが、手紙を渡しているので気持ちが伝わればいいなと思います。

 

お別れの時にはつい泣いてしまいましたが、そんな私に

「何か困ったことがあったらいつでも電話して!」

と言ってくれて思い出しただけでも涙が止まりません。

 

こんな素晴らしい出会いができたことに本当に感謝しています。

 

このファミリーとまた再開してたくさん会話が出来るようになろうと心に決めました!

 

 

これからはYerryもShamyもシェアハウス生活がスタートします!!